ジャングルジムをプレゼントするときのポイントとは?

1歳にもなれば、ヨチヨチで歩けるようにもなるので動き回りたいお子さんがほとんどです。
毎日外で遊べればいいですが、天候などの理由でそうはいかないこともありますよね。

室内遊具で人気なのがジャングルジムです。
ここでは、1歳誕生日プレゼントのジャングルジム選びのポイントをご紹介します。

■ジャングルジムをプレゼントしても大丈夫?

室内ジャングルジムの対象年齢は2歳からと書いてあることが多いです。
しかし、登るのではなく一番下の段をくぐったりして遊べるので1歳でも大丈夫なのです。

1歳の時は、下の段をくぐるだけにして、2歳からは登れるようにしていけば、何年かジャングルジムが使えますよね。

何年か使ってもらえるように1歳誕生日プレゼントしてもいいかもしれませんね。
■ジャングルジムをプレゼントする前に気をつけたいこと

まず、ジャングルジムを選ぶ前に気をつけたいポイントを2つご紹介します。

・贈る家は狭くないか?
贈る相手のお家の広さは把握できていますか?
狭い家なのに、大きなジャングルジムをプレゼントすると、置けなくて困らせることになります。
・マンション暮らしではないか?
マンションにジャングルジムを設置すると、高いところからジャンプしたときに下の部屋に響く恐れがあります。
そうした理由からマンション暮らしのご家庭にジャングルジムをプレゼントすると、喜ばれないことがありますので気をつけましょう。
■ジャングルジム選びのポイント

気をつけたいポイントを押さえた上で、実際にジャングルジムを選ぶときのポイントを3つご紹介します。
・小さなジャングルジムを選ぶ
1歳といえば、まだ一段、二段くらいのジャングルジムでしか遊べません。
1歳誕生日プレゼントには、基本的に小さなジャングルジムを選ぶと良いでしょう。
・成長に合わせて変えられるものを選ぶ
1歳誕生日プレゼント向けのジャングルジムにはいろんなタイプのものがあります。
1歳から4歳くらいまでジャングルジムは使えますので、成長に合わせて高さや段を調節できるものを選ぶと喜ばれます。
・運動能力を発達させるものを選ぶ
ジャングルジムだけではなく、滑り台や鉄棒をつけられるものもあります。
滑り台で滑ったり、鉄棒にぶら下がるだけでも運動能力が発達します。
運動に限らず、全ての能力が最もよく伸びるのは、1歳から3歳です。

ジャングルジムを1歳誕生日プレゼントにすることで、運動能力を発達させるきっかけになるかもしれませんね。

ジャングルジム以外にも、できるだけたくさんの機能を持ったものを選ぶと、喜ばれるはずです。

室内ジャングルジムは、安全の面を考えても選ぶのに困りますが、ポイントを押さえてプレゼントすれば、絶対に喜んでもらえるはずです!

     
                            

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ