一升餅で幸せに!伝統的な1歳誕生日イベントは背負い餅で決まり!

日本の伝統的な1歳誕生日のお祝いに「一升餅」があります。
昔からの習わしなので、絶対に行なうべきイベントです。
その子の一生を左右するくらい大事な風習イベントなので
精一杯お祝いをしてあげたいですね!

ここでは、一升餅でお祝いするときに必要なものや
選び取りの7つ道具についてお話しします。

■1歳の誕生日イベントは一升餅で決まり!

伝統的なイベントの一升餅の
お祝いの意味はご存知ですか?
「一升」は「一生」にかけられていて
背負い餅で歩かせる風習には
「一生食べるのに困らないように」という
思いが込められています。

背負い餅は、なんと1.8kgもあるので
結構重くて立つのも大変ですが
それくらい「食べ物に困らないように」との意味で
思い背負い餅を用意することになっています。

またお餅は丸餅と決まっていて
それには「丸餅のように円満な人生を送れるように」との
意味が込められているのです。

お子さんの一生な幸せなものになるように
温かい心で一升餅のお祝いをしてあげましょう!

■一升餅で必要なものは?

一升餅のお祝いで必要なものは昔からの習わしで決まっています。

・1.8kgの丸餅
・丸餅を包む風呂敷or丸餅を入れるベビーリュック

昔は家で一升餅を作りましたが
最近は購入するのがほとんどです。
販売されている一升餅は
大きな丸餅が1個の場合や
紅白の丸餅がいくつか入っているものもあります。

どちらの場合も、お子さんの名前が入っていて
風呂敷やベビーリュック付きでの販売が多いです。

■選び取りで並べる7つ道具とは?

背負い餅や餅踏みが終わった後には、
お子さんの将来を占う選び取りが行なわれます。
1歳のお子さんのまわりに7つ道具を置いて
選び取りさせることで将来を占うお楽しみな風習です。

7つ道具には、あまりこれといって決まりはありませんが
将来の仕事や状態に関連するアイテムを7つ用意しましょう。

1歳のお子さんにとって7つ道具は、
数が多くて選ぶのが大変かもしれません。

お子さんが困らないように
7つではなく5つにするなど、
アイテム数を減らしても大丈夫です。

そろばんやお金、筆やお箸、ボールなど
将来の仕事を想像できるようなアイテムを選ぶと
選び取りがさらに楽しくなります。

いかがでしたか?
お子さんのビッグイベントでもある一升餅のお祝いは、
昔からのしきたりでもあるので、
写真や映像に残すと、さらに貴重な行事になりますよ!

     
                            

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ