サイズはどれくらい?1歳の誕生日の靴選びのポイント

子供の1歳の誕生日のプレゼントに、靴をプレゼントしたいと
考えるのパパやママも多いことでしょう。

ハイハイから歩けるようになるように
1日も早い成長を望むからこそ、靴をプレゼントしたい気持ちになるのだと思います。

ここでは、1歳の靴選びのポイントをご紹介します。

■サイズ選びのポイントは?

1歳の足のサイズには個人差がありますが
だいたい11cmから13cmです。

しかし、この時期は成長も早いので
半年もすれば1cm、2cmとすぐに足が大きくなります。

あんまり大きすぎても歩いにくいだろうし・・・
ぴったりだとすぐに履けなくなるだろうし・・・と
サイズについてはかなり悩みますよね。

サイズ選びのポイントは、「実際の足のサイズに1cmプラスすること」です。

これが一番履きやすいサイズで、足を踏ん張って歩けるそうです。

まだ歩き始めの頃は、かなり足を踏ん張ります。
1歳なのでバランスを取るのも大変だからか
必要以上に足に力が入るのです。

そんな状態の時に、靴のサイズがジャストだと
踏ん張れる余地がないので歩きにくくなるのです。

1歳の誕生日プレゼントのために靴を選んであげるときは
実際に履いてみて、つま先やかかとに余裕があるか?を
確認するのがベストですね!

■歩きやすい靴選びのポイント

サイズの他には、靴の形選びにもこだわりたいところです。
形選びのポイントは次の通りです。

・つま先部分にゆとりがある

足を踏ん張る時や、方向転換する時に
足の指を動かせる余裕がないと歩きにくいです。
足を踏ん張れないと、足全体の筋肉も鍛えられないので
今後の歩行にも影響が出ますから、つま先部分には
少しゆとりがあるものを選びましょう。

・かかと部分はかっちりしている

かかと部分がやわらかすぎて
支えにならない靴はオススメできません。

そんな靴では、かかと部分の骨も
成長してくれなくなるので大問題です。

歩くときも、かかと部分が不安定になると
バランスが取りにくくなるので
かかと部分がかっちりしているものを選びましょう。

・足の甲を固定するもの

つま先の部分はゆとりが欲しいのですが
足の甲はある程度の締め付け感があって
甲の部分を固定してくれる靴がベストです。

足の甲の部分にゆとりがあると
バランスを崩して転倒する恐れもあります。

締め付けすぎは問題ですが、ぴったりくっついて
甲の動きを安定させてくれるものを選びましょう!

いかがでしたか?
1歳の誕生日に靴をプレゼントしたいときは
ぜひこのポイントを押さえて、歩きやすく履きやすい靴選びをしてくださいね!

     
                            

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ